昔々の懐かしい浴衣

着物コーディネート 2015/08/10

紺白花浴衣

今日は昔々の懐かしい浴衣の写真をアップしてみました。
どれくらい昔かというと、
なんと、私が13歳のときに仕立ててもらった浴衣です

この日は特に用事もなく自宅で過ごす予定でしたので、
ちょっと懐かしくて、袖を通してみました。

私の身長は13歳から3~4センチは伸びているはずですが、
裄丈は少し短目ではあるものの、
身丈、身幅には問題なく、
まあまあの着こなしといったところでしょうか。

当時は、白地は子供の浴衣、紺地は大人の浴衣というのが一般的でしたので、
仕立て上がりがとても待ち遠しく、
袖を通したときには大人の仲間入りをした気分で
大変うれしかったことを覚えています。

今こうして見るとなかなかいいデザインだったんですね

最近の藍染、紺地の浴衣は
高級志向なのか大人向き過ぎるのか、
デザインが大人しくて、
浴衣なのにかしこまってしまうような感じがするのは私だけでしょうか。

こんな明るい感じの紺地の浴衣、
これから流行らないかしら?

帯は白の博多、半幅帯で、
吉兆結びにしてみました。

紺白花浴衣後ろ姿

今日のポイントは帯留めではなく、
百合の花の透かしが入った柘植の簪にしてみました。

百合の花かんざし柘植

着物遊びは楽しいですね


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村


/>生活・文化 ブログランキングへ
Comment 0 | Trackback 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

OTHERS

TAG