雛茶会・友の装い2

着物コーディネート 2010/03/03

ブログ用無地上代紬と紫葵帯着姿

先日に続き、友の装いをご紹介します。

実はこの装いは、
私の着物と友人の帯を組み合わせたコーディネートです。

先日、お遊びの雛茶会が始まる前に
友人をモデルに撮影をしました。

着物は深緑色の上代紬、
背中に遊びの一つ紋、アゲハが入っています。

帯は、大きな葵の中に
梅、笹、松、桐、楓、御所車が描かれた
染めの名古屋帯です。

帯揚げは卵色のちりめん、
帯締めは着物と同系色の冠(ゆるぎ)を合わせました。

お借りしたこの帯は、
京都にお住まいのおばさまの
古い着物を解いて作ったものだそうです。
さすがは京都、華やかですね。

そして、モデルをしてくださったのは
踊りの名取さんです。

ばっちりポーズを決めてくれました。↓

無地上代紬と紫葵帯着姿.4TIF

背中にも目があるのでしょうか。
なんと美しいポーズでしょう。

皆さんのご協力のおかげで、素敵な写真を撮ることができました。
ありがとうございます。

余談ですが、
こんなふうに少しずつ写真を撮りためて、
「帯どめBOOK」に続く第2弾を
出版できたらいいなと夢見ています。

どうぞ皆様、今後とも応援をよろしくお願いいたします



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 3 | Trackback 0

コメント

こんにちは。
さすがに、後姿が見事ですね。
この帯には私も記憶がありましたのですぐ思い出しました。深緑と紫という取り合わせは、きりっと潔く、和服ならではの奥行きが出てくるものだと思いました。帯締めのお色も良いですね。
ところで、しゃれ紋入りの無地紬というのは、どのような場面にお召しになるのでしょうか?
URL | kyon #-[ 編集] | 2010/03/05 05:09

無地紬の遊び一つ紋について




kyonさん、コメントをありがとうございます。

この着物は、いかにも紬といった素朴な風合い、肌ざわりなのですが、
無地に遊びの一つ紋が付いています。

私は、こういった格が高いのか低いのかわかりづらい着物や帯は、
おしゃれ着として活用しています。

結婚式や茶会といった改まった場や、目上の方が多い席は避け、
観劇やコンサート、二次会などのパーティー、
親しい人や内輪の集まりといった場がふさわしいと思います。

ちなみに合わせる帯ですが、
やはり着物と同じく、趣味性の高いしゃれ帯を合わせると
バランスがとれるように思います。

金、銀の入らないしゃれ袋帯や
つづれ帯、
名古屋帯ならば、
格調の高い図柄のものや
少しだけ、控えめに金銀の装飾が施されたものも、よいでしょう。

参考になりましたでしょうか?

個人的な意見ですが、
着物も時代が移り変われば変化をするファッションです。
TPOを意識することは大切ですが、
難しく考え過ぎず、
感性を生かして、
斬新な組み合わせにも挑戦してほしいと思います。
URL | Chizuko Kanda #-[ 編集] | 2010/03/05 22:55

ありがとうございます

よくわかりました。
な~るほど!という感じです。
きものは「難しい」から、着物は「愉しい」になるようめげずに気楽に着ていきたいものです。
URL | kyon #-[ 編集] | 2010/03/06 07:52

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

OTHERS

TAG