ビナンカズラの盆栽

和文化エッセイ 2013/08/05

サネカズラ

今日の写真は、最近購入した
ビナンカヅラの盆栽です。

雪見障子から覗く高さに置き、
毎朝つやつやとした鮮やかな葉の色を愛で、
楽しく水やりをしています

昨日、ふと見ると、蕾らしきものが!

サネカヅラの花


調べてみますと、

   ビナンカズラの別名はサネカズラ。
   モクレン科のサネカズラ属。
   
   ビナンカズラ(美男葛)は、
   昔、枝の皮の粘液を水に浸して
   その液で頭髪を整えたことから付いた名前。

   花には雌雄があり、
   7月~8月に花が咲き、
   10月~11月に果実が熟して赤くなる。

   古くから知られる植物で、
   万葉集にはサネカズラをよんだ歌が8首ある。

   例えば、サネカズラの実が赤く熟すまで
   恋しい人には会えないという淋しさをうたった1首。

      あしひきの山さな葛もみつまで
           妹に逢わずや吾が恋ひ居らむ

とありました。

日本人に古くから愛されていた植物なのですね。

来週あたりには、この花が咲くかもしれません!
これからますます楽しみです


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

OTHERS

TAG