紗合わせの着物

着物コーディネート 2012/06/20

撫子帯と金銀コンビ帯留め3


今日のコーディネートをご説明します。

着物は紗合わせ、
帯は撫子と桔梗の模様、絽の袋帯です。

小物は、淡い黄緑色の帯揚げに
白に金銀が織り込まれた三分紐、
ポイントの帯留めは、
シルバーとクジャク石です。

着姿はこちらです。
   ↓
撫子帯と金銀コンビ帯留め着姿

紗合わせは、表と裏で
紗を2枚重ね合わせた着物です。

透ける生地が2枚重なると、
動くたびに光が反射し、柔らかな模様が現れます。

特別感のある贅沢なお洒落着ですね。

紗合わせを着る時期は、
一般的には6月と9月とされていますが、
個人的には、
単衣(ひとえ)の着物が暑くなってきて、
そろそろ盛夏の着物(絽や紗)をと思い始める頃、
その間に一呼吸置くようなイメージで
紗合わせに袖を通します。

そうすると、大体毎年、
6月半ば~下旬になります。

着物を着始めたばかりの方は、
この季節は何を着たらよいのか悩んでしまうと思いますが、
夏に向かってだんだんと
素材を軽く、薄くしてゆくのだと考えると、
分かりやすいのではないかと思います。

着物初心者の方は、
夏の着物は難しいから後回し、
浴衣で夏を過ごすという方が多いようですが、
夏の着物の楽しみも、
ぜひ知ってほしいと思います。

世界が広がりますよ



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

OTHERS

TAG