豪徳寺サロンと紫陽花のコーディネート

着物コーディネート 2012/06/05

紫陽花と袖山先生3

今日の写真は、先日お邪魔した
豪徳寺サロンの玄関に続く道、入口です。

紫陽花の花が道を塞がんばかりに
勢いよく咲いていました。

紫陽花を園芸大百科事典で引いてみましたら、
日本では万葉の時代から観賞されていたとありました。

古くから日本人に親しまれている花なのですね。

その証拠に、万葉集に2首、
紫陽花を詠んだ歌があるとありました。

   こと問わぬ木すらあぢさゐもろちらが
           ねりのむらとにあざむかえけり

                大伴家持

こちらは古今和歌集六帖。

   あかねさすひなはこちたしあぢさゐの
             花の宵らにあひみてしかな


西洋アジサイは明るく華やかですが、
万葉の時代の日本人が見ていた紫陽花は、
きっとこのような、慎ましやかで控えめな
和の紫陽花なんじゃないかしら?
        ↓

紫陽花と袖山先生

そして豪徳寺サロンに入ると、
先生が、紫陽花のコーディネートで
出迎えてくださいました。

紫陽花と袖山先生2

単衣の大島紬に
紫陽花が描かれた塩瀬の名古屋帯、
帯揚げと帯締めは
淡い鶯色です。

今が旬のコーディネート、
さすがですね!
先生は期待を裏切りません。
いつも素敵な装いを見せてくださる先生に、感謝です


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

OTHERS

TAG