素敵ですね♪ブータン国王夫妻

和文化エッセイ 2011/11/18

ルンタ
                    魔よけの旗・ルンタ

今日の写真は、2年前、2009年の8月にブータン王国で撮影したものです。

以前、ブータン王国の旅についてはブログで紹介したのですが、
ブログの模様替えをしたときに、
テンプレート更新の関係で
当時の記事は削除をしてしまいました。

当時の記事をご案内できないのは残念なんですけれども、
とても懐かしくて、幾つか写真を引っ張り出してみました。



チョモラリブータン王国から見えた山・チョモラリ


ブータン国王夫妻のご様子、ここのところ毎日報道されていますね。
まるでおとぎの国からやってきた国王夫妻、
とても素敵なカップルです

ブータン王国のことを思い出すと、
なぜか心が癒され、温かな気持ちになります。

国民総幸福社会を目指すブータン王国、
私が2年前に旅したときにも随分と話題になっていましたが、
正直なところ、本当に国民のほとんどが幸福だと思っているなんて、
そんなことあるのかしら?と半信半疑でした。

でも、旅した後は、
本当にそうかもしれないなと
しみじみ感じました。

物質的には決して豊かではないけれど、
皆信心深く、
この世で良いことをしたら
次はもっとよい環境のもとに生まれ変わることができると
信じているのですね。

だから体の弱ったお年寄りは、
次に生まれ変わる素晴らしい人生を信じて
にこにこしながら楽しそうにマニ車を回していますし、
皆優しく、親切です。

ブータン王国では昔、一家から一人、
僧侶を出していたそうです。
本当に信心深い国民性なのでしょう。

貧しいこともあり、
多夫多妻という、
日本人から見たらちょっと驚いてしまうような
家族構成らしいのですが、
それも社会保障のようなもの、
セーフティーネットというか、
家族皆が食べていけるように助け合い、
子供は皆で育てる、
そんなことからできたシステムなのでしょう。

ブータン王国も
これから少しずつ経済的に発展してゆき、
外国資本が入ると、
人々の宗教的な意識や
家族のあり方も変わっていくのかもしれません。

ブータン王国は、
ぜひもう一度訪れなくては!と思っています。

タクツァンソウインタクツァン僧院


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 2 | Trackback 0

コメント

イケメンの国王

こんにちは。ブータンの写真なつかしく拝見しました。もう日本人がとっくの昔に忘れてしまった、原始的な家族のかたちがこの国にはあるようですね。グローバル化の波にのまれてしまわない様、今のままの癒しの国であってほしいです。外国資本が、虎視眈々と狙っているようで、心配しているのは私だけかしら。でも、この国の正装は、日本のきもののルーツというわけではないのでしょうね。
URL | kyon #-[ 編集] | 2011/11/19 20:40

日本の着物とブータン王国の民族衣装



日本の着物とブータン王国の民族衣装は、本当に似ていますね。
アジアの人間に似合うように衣装が発展した結果なのでしょう。

日本の着物は日本人に一番似合いますし、
ブータン王国の民族衣装もブータン人が一番似合います。
だからこそ自国の民族衣装は大切に守っていかねばならないのだと思います。
日本の民族衣装、着物を、世界に堂々と誇れるよう、
美しく、品よく、次世代に引き継ぐことができたらいいですね♪
URL | Chizuko Kanda #-[ 編集] | 2011/11/20 23:15

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

OTHERS

TAG