これから先のお楽しみ帯留め

和文化エッセイ 2009/12/05

菊の花と唐津花入れ

地球温暖化とはいうものの、
12月に入ると、さすがに寒さが厳しくなってきました。

しかし、寒くなってくるとうれしいことが一つ。
室内に生けた切り花が大変長持ちをすることです

先週お客様を迎えた際に生けた小菊が
今週もまだ元気よく咲いています。

そろそろクリスマスの飾り付けもしたいけれど、
まだもう少し、この菊の花を楽しもうと思います。

さて、そこで今日は菊の花のアンティーク帯留めをご紹介しましょう。↓

菊堆朱帯留め

恐らく堆朱(ついしゅ)の帯留めだと思うのですが、
ちょっとはっきりしません。

だいぶ以前に骨董屋さんで見つけたものなのですが、
2分紐しか通らない小さな帯留めです。

まだ実際に使ったことはありません。

けれども、かなりシブイ雰囲気なので、
今慌てて使わなくても、
これからいくらでも機会はあるはずとのんびり構えています。

いつか使おうと楽しみにとってある帯留めが、
年をとる憂いを少し和らげてくれるような気がします。

着物遊びは、楽しいですね



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 0 | Trackback 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

OTHERS

TAG