ブログ再開のお知らせ/続・豪徳寺サロン・春のパーティー報告

着物コーディネート 2011/03/21

しばらくお休みをいただきましたが、
今、自分にできることをと思い、
今日からブログを再開することにしました。

東北、北関東の震災の被害は広がる一方ですが、
下を向いて落ち込み、不安に駆られていても、
何も状況は変わりません。
とにかくこれ以上日本が落ち込まないように、
少しでも経済を回してゆかねばならないと思います。

すべてを失ってしまった方々のところに
食べ物、飲み物、仮の住まいが行き渡るのは
まだ少し先のことかもしれません。

けれども、自衛隊やボランティアの方々の支援により、
とりあえず生きてゆくために必要なものがそろったとき、
そこから人は心の慰めとなるものが必要になるのではないでしょうか。

心の慰めとなるような綺麗なものを見たいと感じ、
美しい音を聞きたいと願うでしょう。

高価な着物なんて、
どんなに綺麗でもこの状況では非常識かもしれません。
それでも、日本の文化として守ってゆかねばならないと思います。

ユニクロの服は、今、役に立ちます。
着物はその後、心の慰めるのにきっと役に立つはずです。

東北で織られる温かみのある素朴な紬や
格調高い仙台平、
福島の会津木綿を
守ってほしいと思います。

ピンク訪問着と袋帯、バッグ

それでは、前回に続いて春のパーティー報告です。

今日は、ピンク色の着物をお召しの3人の方をご紹介しましょう。

まず上の写真ですが、
淡い桜色、古典柄の訪問着に
金の袋帯のコーディネートです。

帯揚げ、帯締めは白で統一し、
正統派というのでしょうか、
結婚式にもこのまま出席することができる
格調高い装いです。

実は今回、看板を取得された生徒さんでして、
パーティーの主役です。
おめでとうございました


朱花小紋と塩瀬花小紋

それから次の写真ですが、
着物は小さな小花模様の小紋、
帯は塩瀬地に花模様が描かれた名古屋帯です。

帯揚げは着物と同系色のピンク色、
帯締めは朱色の冠(ゆるぎ)できりっと引き締めて、
若々しい雰囲気です。

ピンク訪問着と銀袋帯、ピンク帯締め

そして最後の写真です。
着物は抽象模様に金箔が散りばめられたピンク色の色留袖、
帯は金銀の抽象柄袋帯です。

帯揚げ、帯締めは
着物と同系色のピンク色で統一、
すっきりとしたコーディネートです

ピンク色の着物は
一般的に、まず一枚持っておくと便利であると言われ、
着物初心者にお勧めの着物ですが、
ピンク色の着物と一口に言っても、
色や柄により、本当にさまざまです。

子供向きの可愛らしいピンク、
お嬢様向きの優しいピンク、
元気あふれる若々しいピンク、
深みのあるしっとりとした大人のピンク、

「ピンク色の着物」と簡単に一言で言ってしまいがちですが、
なかなか奥が深いのですね。
写真を撮らせていただきながら、
今の自分に似合うピンク色を注意深く選びたい、
そんなふうに思いました。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

OTHERS

TAG