阿見町で味噌作り体験・後篇

和文化エッセイ 2011/02/27

うらやつ4

先日に続いて、今日も茨城県阿見町うら谷津での「味噌作り体験」をご紹介します。

今回は、「寒仕込みの味噌作り」です。
味噌は年中作っていいそうですが、
この寒い気に作る味噌は、なお一層おいしいのだそうです。
米麹(こめこうじ)を使うからでしょうが、
寒仕込みなんて、お酒みたいですね

ざっと味噌作りの工程をご紹介しましょう。

まず上の写真ですが、大釜に湯を沸かします。

そして、大豆をぐらぐらと柔らかくなるまで煮ます。↓

うらやつ6

煙と湯気で真っ白、何も見えない状態でしたが、
風が吹いた一瞬、ちらりと大豆が踊っているのが見えました!

そして、柔らかく茹でた大豆をざるに上げ、杵の中に移します。↓

うらやつ5

茹でた大豆を杵と臼でこねます。↓

うらやつ7

そして一方では米麹と塩をよく混ぜ合わせ、
もみほぐしておきます。↓

うらやつ3

そこに杵と臼でこねた大豆を加え、
大豆の茹で汁で柔らかさを調整しながら、
大豆の粒がなくなるように、ひたすらこねます。
ハンバーグの種を作っているような感じでした↓

うらやつ8

そして最後の仕上げですが、
アルコール消毒をした樽に
ハンバーグ大に丸めた種を投げ込みます。
びしっと力強く投げ込むことで空気を抜くことができるのだそうです。
この作業がなかなか楽しいんですね。
ストレスがたまった人に、お勧めです

うらやつ9

樽がいっぱいになったら表面をならし、
消毒、密封をして2年ほど熟成させます。

今回は50キロの味噌を作らせていただきました。
プロの手を借りて指導を受けながらの作業でしたが、
10名で半日以上はかかったでしょうか。

私だけかもしれませんが、
泥んこ遊びをしているような感覚で、
すっかり童心に帰ってしまいました。

この味噌は、味噌作りを指導してくださった
阿見町の飯野ご夫妻が2年間しっかり保存してくださるそうです。

本当に、2年後が楽しみです。
ありがとうございました

ちなみに、お味噌の作り方は、
一緒に参加をしたwacameさんのブログの方が
分かりやすいと思いますので、
どうぞこちらもごらんください。

        →レシピブログ「ゆうげのしたく」


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

OTHERS

TAG