石榴の果実

和文化エッセイ 2010/12/06

ブログ用ザクロ

今日の写真は、石榴(ざくろ)です。

日本産の石榴は、
近頃はお店では売っていないので、
ご近所から分けていただいたものです。

食べにくいけれど、
女性の肌や髪には随分とよい成分が含まれているそうです。

石榴が手に入らないという方は、
TAKANOの濃縮ざくろエキスが、お勧めです
個人的には、なんだか目が疲れてしょぼしょぼするなあというときに
効くような気がしています。

ところで、石榴といえば縁起がよいのか悪いのか、
疑問に思ったことはないでしょうか?

縁起が悪いと感じるのは、
「人肉の味がする」などと
気持ちの悪いことが言われるからですね。
それは、鬼子母神伝説からきているようです。
         
鬼子母神伝説とは、簡単にまとめますと、
子供を捕えて食べてしまうカリテイボが
釈尊にとがめられて改心し、
子供を食べたくなったときには、
その代わりに石榴の実を食べた
という伝説です。

一方石榴は、多産、子宝を意味し、
トルコやギリシア、中国では、
大変に縁起のよいものとして
大事にされているそうです。

園芸大百科事典を読んでみると、
石榴はもともとイランからアフガニスタン、
パキスタンなどに野生していて、
果樹として栽培され、
また観賞もされ、美術品の図案にもなり、
中国、日本へと伝わったそうです。
そして、世界中でさまざまな伝説や神話を生んだけれども、
それは人間との関係が長く深いためであろうとありました。

食べにくいけれども体に優しい、
毒々しいけれども思わず引きつけられてしまう美しい果実。

縁起がよくても悪くても、
人を引き付ける魅力はあるのだと思います。
写真を撮りながら、
ちょっとどきどきしてしまいました


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

OTHERS

TAG