スポンサーサイト

スポンサー広告 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・川越祭

和文化エッセイ 2010/10/24

川越祭り5

すっかり間があいてしまいましたが、
前回に続いて川越祭のご紹介です。

上の写真は金魚すくいの金魚です。
女の子が一生懸命すくっている横で撮らせてもらいました。

金魚といえば、昔から日本人に愛され、
浴衣や団扇、風鈴などによく描かれる
代表的な夏の模様ですが、
こうしてみると、やはりきれいなものですね

さて、お祭りでは川越名物、「芋」ソフトクリームをいただきました。↓

川越祭り7

冷たいけれど、芋の香りは十分、
ほんのりと酸味もあり、
なかなかおいしいソフトクリームでした。

そして、川越名物、亀屋の「郷の芋」をお土産に持ち帰りました。↓

川越芋ようかん

「郷の芋」は、芋羊羹ですが、
自然の甘さを生かした羊羹で、しつこい甘さではありません。
大き目にカットしてもぺろりと食べてしまいます。

日持ちが翌日までという短さなので
食べきれるかしら?と不安に思ってしまいますが、
このおいしさならば納得がいきます。
きっと、大丈夫です。

亀屋さんは天明3年創業という老舗だそうです。
堂々とした立派な看板が印象的でした。↓

川越祭り6

亀屋さんの情報はこちらへどうぞ。

       亀屋

「郷の芋」芋羊羹は、日持ちがしないせいか、
亀屋さんのホームページの中に紹介が見当たりませんでした。
店頭販売のみということなのかもしれませんね。
でも、川越へお出かけの際にはぜひお試しください。
お勧めです


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 2 | Trackback 0

コメント

川越の日持ちしない菓子としては、他に「黒玉」や「生きんつば」があります。

「黒玉」は龍月で売っていて連ドラ「つばさ」の甘玉にそっくりです。
直径4cm位で1個150円。上品な味ですよ。
http://www.koedo.org/shop/13700.html

「生きんつば」は時の鐘の左隣の福呂屋さんで売っていて1個120円。
きんつばから想像する形と味がサプライズです。

ところで、再来年の川越祭りは全山車が出揃うそうですよ。
URL | 一人靜 #-[ 編集] | 2010/10/25 08:04

詳しい情報をありがとうございます♪




一人靜さん、詳しい情報をありがとうございます。
黒玉や生きんつばも、おいしそうですね!

次回の川越祭まで待たずに、
近いうちに出かけて試してみたいと思います♪
URL | Chizuko Kanda #-[ 編集] | 2010/10/25 23:45

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
10 | 2017/03 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

OTHERS

TAG


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。