弁慶貝の香合

和文化エッセイ 2012/05/24

弁慶貝

今日の写真は、
大きくて 厚くて 力強い
弁慶貝の香合です。

銘は「むさし坊」
作は「香俚庵」。

武蔵坊弁慶と言えば、

  弁慶の泣き所  弁慶でも泣いてしまうほど蹴られると痛い向こうずねのこと
  弁慶の立ち往生 たくさんの矢を受けながら橋の上で立ったまましんだ勇姿
  内弁慶     外では元気がないのに、家の中では威張り散らす人
  弁慶縞     縞柄の一種。茶と紺の格子柄。

ぱっと思い浮かぶだけでも、こんなにたくさんの言葉が出てきます。
日本人に昔から愛されている弁慶、かっこいいですよね

来月は自分の誕生日があるのですが、
その日まで、飾ることにしました。

ここが踏ん張りどき、正念場、
今年こそは達成したいという願いを一つ、二つ胸に秘め、
頑張れますように!という願掛けです。

十年一昔と言うけれど、
10年前がつい最近のことのように感じられるのは、
一体どうしたことでしょう!
焦っても仕方がないとは思いつつ、
頑張れるときに頑張っておかなければ!と思うこの頃です。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 2 | Trackback 0
| HOME |
04 | 2012/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

OTHERS

TAG