生紬の訪問着

着物コーディネート 2012/02/17

生紬訪問着

今日の着物は
生紬の訪問着です。
濃紺地に紫の暈しが入っています。

毎年何となく、
2月の一番寒いころになると
着たくなる着物です。

この時期を過ぎると
雛祭りがもうすぐですし、
雛祭りが終われば
桜が待ち遠しくてうずうずしてくるので、
この2月の半ば、今が一番心が落ち着いていて、
こんな感じの深い色の着物が
気持ちに沿うように感じます。

帯は軽くて締めやすい
笹蔓模様の袋帯、
帯留めはアンティークの法輪です。

法輪帯留めアップ

「帯どめBOOK」をお持ちの方は、
120ページをごらんください。
もうちょっと写りがよいと思います♪


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

雪の中を舞う鶴の帯留め

着物コーディネート 2012/02/08

無地緑上代1


今年は梅の花が少し遅いという話を聞きましたが、
どうなのでしょう。

たしか昨年はちょうど今頃、
友人と皇居に梅の花を見に行きました。

けれども、今年は何となく、そんな気分になれません。

日本海側は大雪、事故が多発しています。
梅の花どころではないかもしれません。

寒くなったり暖かくなったり、
変化が激し過ぎるのは困ったものです。
三寒四温、穏やかに少しずつ春になってほしいと思います。

さて、今日のコーディネートをご説明しましょう。

深緑色、無地の上代紬に
梅の花が描かれた金通しの染め名古屋帯です。

アップもごらんください。↓

緑無地上代

淡い黄緑色の帯揚げに
着物と同系色の三分紐、
ポイントの帯留めは、鶴です。

木製の鶴のブローチの金具を外し、
彫塑用粘土で周囲を囲んで飾り付け、
帯留め金具を付けた自作です。

雪の中を舞う鶴のイメージです。

雪は、きれいだなとのんきに眺められる程度がいいですね。
早く日本海側の大雪がやみますように!


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

着物姿が素敵な熊本の男性と着物談義に花が咲きました

和文化エッセイ 2012/02/02

わびすけ赤

先日は、熊本県の呉服屋店「和の國」のご主人、
茨木國夫さんとお話をする機会がありました。

茨木氏は「きもの宣言」という本を出版された方で、
ここ十数年、仕事だけでなくプライベートも和服という、
男性では珍しい貴重な存在です。

           →「きもの宣言」

呉服屋さんなら当たり前、珍しくないんじゃないの?
と思われる方もいらっしゃるでしょうが、
男性の場合は呉服屋さんであっても着物を着る方はごくわずかでしょう。
ましてやプライベートまでとなると、とても珍しいことだと思います。

実際にお話を伺ってみると、

大変に目立つので悪いことはできないし、
(悪いことをするような方には全く見えませんが!)
通りすがりの人が、必ずと言っていいほど振り返ります。
年配者にはモテるけれども若い人にモテなくなって淋しいです。

と、嘆いておられました。
若い人にとって着物姿の男性は近寄りがたいのでしょうね。

着物を着ると女性も同様、そういった空気はありますが、
男性はその何十倍も強く感じることでしょう。

茨木さんは、
日本文化を守るには最低限「着物文化」を守れば何とかなるのだ
といったこともおっしゃっておられました。

全く同感です。

能、歌舞伎、お茶、文楽、踊り、
日本の伝統文化を継承する、守るといっても、
私たち一般人にできることは、
せいぜい習い事としてお茶や踊りをちょっとかじってみる、
能や歌舞伎を観劇する、応援するといったことしかできません。

でも、着物文化ならば、その気になりさえすれば
しっかり受け継ぎ、守ることができますね。

毎日が無理なら週に一度、
週に一度が無理ならば月に一度でも
普通の人が着物に袖を通すだけで
随分と日本が日本らしくなるんじゃないかしら。

着物姿の男性が増えれば、
女性はさらに着物が着やすくなります。

茨木氏にはこれからどんどん活躍の場を広げてもらって、
男性の着物人口をふやしてほしいと思います。
茨木さん、頑張ってくださいね


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 4 | Trackback 0
| HOME |
01 | 2012/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

OTHERS

TAG