豪徳寺サロン・先生と生徒さんの装い

着物コーディネート 2011/12/01

つぼだれ2

今日で11月も終わり、
明日からいよいよ師走に突入です!

私は今、気持ちばかり焦って雑事がなかなか前に進まず困っているんですけれども、
でも、そんなときこそ、着物を着るといいのですね。

着物を着ると、
「焦っても仕方がないわ、なるようになるわ」と、
不思議と心が落ち着きます。
忙しくて心が落ち着かない方は、
ぜひ着物を着てみてくださいね

さて、それではまず上の写真ですが、
豪徳寺サロン、先生の装いです。

壺だれ模様の結城紬に
茶の紬地、名古屋帯、
帯揚げは、着物から1色をとって鶸(ひわ)色の縮緬、
帯締めはぼかし染め、着物と同系色のグラデーションが入っています。

この着物はとても古いものだそうです。
けれども、全く古さは感じません。
よいものは古びないと言いますが、
本当にそのとおりですね。
ぱりっと、まるで新品のような雰囲気です

さて、そしてもう一方、
こちらは豪徳寺サロン、生徒さんの装いです。
          ↓
紬と帯瓢箪帯留めアップ

この写真は2週間前に撮影をしたものなのですが、
ちょうど季節にぴったりの、秋を感じさせてくれる装いでした。

主張の強い絣模様の紬なので、
帯はシンプルに紺色、無地の名古屋帯、
帯留めは箸置きに金具を付けた遊びもの、
唐草模様の瓢箪です。
紬の着物は地味になりがちですが、
こちらは元気が出そうな、明るいコーディネートですね。

お稽古中にお邪魔して、済みません。
撮影へのご協力、ありがとうございました。
また素敵な装いを見せてくださいね



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0
| HOME |
11 | 2011/12 | 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

OTHERS

TAG