豪徳寺サロン・忘年会最終回

着物コーディネート 2011/12/23

ヘアスタイルアップ

今日も続いて豪徳寺サロン・忘年会に参加をされた方の装いをご紹介します。

間があいてしまって、済みません。
年末で忙しいこともあるのですが、
寒さが身にしみて動く気がしないといいますか、
冬眠してしまいそうな感じです……

大掃除もしたいし、
年賀状も書かなければならないし、
仕事は山ほどあるというのに困ったものです。

さて、それではまず、冒頭の写真です。

ただいま豪徳サロンで勉強中の生徒さんで、
美容室で結ってもらったヘアスタイルです。

トップを高い位置にもってきているので、
若さが引き立ちますね。
毛先はカールでくるりと華やかです

着物をきれいに着ることも大切ですが、
ヘアスタイルを決めると
格段にきもの美人度がアップするから不思議です。
とてもお似合いでした

そして次の写真は、
豪徳寺サロンOBの装いです。↓

訪問着と袋帯、白帯締め

落ち着いた大人のピンク地に
山水画が描かれた訪問着、
金地のフォーマルな袋帯を合わせています。

結婚式にも出席できそうな、
上品な装いですね。

フォーマルな訪問着や袋帯は
こういったパーティーでもなければ
なかなか袖を通す機会がありません。
でも、ぜひこのOBの方のように、
着物をたんすの肥やしにせずに、
生かしてほしいと思います。

今日は豪徳寺サロン忘年会、最終回です。
皆さん、撮影へのご協力、ありがとうございました。
お礼申し上げます


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

豪徳寺サロン忘年会・その2

着物コーディネート 2011/12/15

大島紬とクリスマス帯

前回に続いて豪徳寺サロン・忘年会に参加をされた方の装いをご紹介します。

まず上の写真ですが、
豪徳寺サロンOBの装いです。

花模様の大島紬に
柊に雪、クリスマス柄の塩瀬名古屋帯、
帯揚げは白、
三分紐は朱色、
ポイントの帯留めは
私が以前に作ったもので、
箸置きに金具を付けた遊び帯留めです。

アップもごらんください。↓

大島紬とクリスマス帯アップ

まさに今の時期にぴったりのコーディネート、
さすが着物上級者ですね

そして次の写真は、
ただいま勉強中の生徒さんの装いです。

唐コの着物と朱無地帯

この着物は、親戚から譲り受けたものだそうです。
紺地に可愛らしい唐子の模様が描かれています。

帯は地紋が入った朱色の無地、
帯揚げは若々しく黄色の絞り、
帯締めは帯の色になじませた朱色です。

お嬢様らしい、若々しい装いですね。

この日は先生に着付けをしてもらったそうです。
皺一つない美しい着付けですね。

私は、着付けも着物のデザインのうちだと思っています。

ゆったりとくつろぎたいときにはゆったりとした着付けを、
華やかなパーティーに出席するときには緊張感のある美しい着付けを、
そんなふうに、着付けにもTPOがあるのではないかと思います。

着付けが大変だから着物を敬遠してしまうという方は、
少し見方を変えて、着物をデザインしていると思えばいいのではないでしょうか。

ちょっと脱線。
理屈っぽくなってしまいまして……
要は、面倒くさがらずに着付けも楽しんでほしいということが言いたかったのです。
済みません!

次回も豪徳寺サロン・忘年会をご紹介したいと思います。
どうぞお楽しみに


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

豪徳寺サロン・忘年会の装い

着物コーディネート 2011/12/13

縞グレー紬と朱しゃれ袋帯

今日から数日間、豪徳寺サロン忘年会に
参加をされた方の装いをご紹介したいと思います。

まず上の写真ですが、
豪徳寺サロンOB、卒業生の装いです。

この日初めて袖を通したという縞模様、グレーの紬に
朱色のしゃれ袋帯をコーディネート、
すっきりとした大人の装いです。

帯揚げは卵色の縮緬、
帯締めも帯揚げと同系色でまとめています。

お太鼓の模様は抽象花、
季節を問わずに使うことができる
重宝な帯ですね。
      ↓

縞グレー紬と朱しゃれ袋帯後ろ姿

そして次は、恥ずかしながら、私の装いです。↓

黒お召とちりめん花帯、めのう帯留め

着物は黒の小紋柄の御召し、
帯は先日ご紹介した自分の作品です。

先日は違うコーディネートでご紹介しました。
見逃してしまった方はこちらへどうぞ
      →大島紬と花模様、縮緬名古屋帯

前回は着物と同系色の帯締めを合わせましたが、
今回は瑪瑙(めのう)の帯留めを合わせてみました。
       ↓

黒お召とちりめん花帯、めのう帯留めアップ

後姿はこちらです。
       ↓

黒お召とちりめん花帯、めのう帯留め後ろ姿

ちょっときつい感じのコーディネートになりました。
本当はもう少しふわりと優しいコーディネートにしたいのですが……
なかなかイメージどおりにいきません。
難しいものですね。

この帯は、いつかまた違うコーディネートで
ご紹介したいと思います。
どうぞお楽しみに


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 4 | Trackback 0

友の装い

着物コーディネート 2011/12/11

扇小紋と無地帯、ハート帯留め

今日は、
最近婚約発表をした友人の装いをご紹介しましょう。

幸せいっぱいを、なんと着物で表現しています

めでたい扇面模様、幸せ色のピンクの小紋に
臙脂色のしゃれ袋帯、
帯揚げ、3分紐は淡いピンク色、
ポイントの帯留めは、ハートです

この帯留めは以前に私がつくったもので、
箸置きに金具を付けた簡単なものですが、
まさかこのような使い方をしてくださるとは!!

ご婚約、おめでとうございます。
最近ブームのブータン王国から持ち帰った
携帯マニ車をぐるぐる回して、
祝福したいと思います

携帯マニ車

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 3 | Trackback 0

自作の染め帯を締めて♪染色教室発表会

着物コーディネート 2011/12/07

染め鶸色ちりめん帯お太鼓

上の写真は、
つい最近出来上がったばかりの、
縮緬地に花模様を描いた自作の染め帯です。

製作の途中経過を見逃してしまった方は
こちらをごらんください。
        →花模様の縮緬名古屋帯・製作風景

どんな着物とコーディネートをしようか大変悩みつつ、
今回はとりあえずピンク色の大島紬と合わせてみました。

ちょっと垢ぬけないコーディネートですね。
この帯ともっとぴったりとくる着物があるような気がするんですが……

なんだかどうも、納得がいきません。

また別のコーディネートを考えて
ご紹介したいと思います。
どうぞ次回をお楽しみに!

染め鶸色ちりめん帯


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

豪徳寺サロン・先生と生徒さんの装い

着物コーディネート 2011/12/01

つぼだれ2

今日で11月も終わり、
明日からいよいよ師走に突入です!

私は今、気持ちばかり焦って雑事がなかなか前に進まず困っているんですけれども、
でも、そんなときこそ、着物を着るといいのですね。

着物を着ると、
「焦っても仕方がないわ、なるようになるわ」と、
不思議と心が落ち着きます。
忙しくて心が落ち着かない方は、
ぜひ着物を着てみてくださいね

さて、それではまず上の写真ですが、
豪徳寺サロン、先生の装いです。

壺だれ模様の結城紬に
茶の紬地、名古屋帯、
帯揚げは、着物から1色をとって鶸(ひわ)色の縮緬、
帯締めはぼかし染め、着物と同系色のグラデーションが入っています。

この着物はとても古いものだそうです。
けれども、全く古さは感じません。
よいものは古びないと言いますが、
本当にそのとおりですね。
ぱりっと、まるで新品のような雰囲気です

さて、そしてもう一方、
こちらは豪徳寺サロン、生徒さんの装いです。
          ↓
紬と帯瓢箪帯留めアップ

この写真は2週間前に撮影をしたものなのですが、
ちょうど季節にぴったりの、秋を感じさせてくれる装いでした。

主張の強い絣模様の紬なので、
帯はシンプルに紺色、無地の名古屋帯、
帯留めは箸置きに金具を付けた遊びもの、
唐草模様の瓢箪です。
紬の着物は地味になりがちですが、
こちらは元気が出そうな、明るいコーディネートですね。

お稽古中にお邪魔して、済みません。
撮影へのご協力、ありがとうございました。
また素敵な装いを見せてくださいね



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0
| HOME |
11 | 2011/12 | 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

OTHERS

TAG