スポンサーサイト

スポンサー広告 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・懐かしのブータン王国

着物コーディネート 2011/11/22

時計台首都ティンプーの時計台広場

今日も前回に続いて、懐かしのブータン王国をご紹介したいと思います。

ブータン王国を旅したのは2009年の8月、
もう2年も前のことです。

当時は、急激な変化、国民への過度な刺激を避けるため、
外国人観光客には人数制限がありました。
また、日本からブータン王国への直行便もなく、
ヨーロッパへ行くよりも時間がかかる長旅となってしまうため、
訪れる人はそれほど多くなかったようでした。

そんな国への旅ですから、
どんな未知の世界が広がっているのかしらと、
大変期待をしていました。

でも、私が抱いたブータン王国の印象は、
「日本の昔の風景と似ているような気がするわ」
そんなものでした。

日本人と似た顔つき、日本の着物に似た民族衣装とくれば、
親近感を覚えずにはいられません!

ただ、食べ物だけは、日本と全く違いました……

エマ・ダツィという唐辛子料理が定番で、
主食は赤米、調味料はほとんどが塩とチーズ。
野菜が中心でとてもヘルシーですが、
旅の終わりの頃には、醤油味がとても恋しくなってしまいました。
日本から持ちこんだお煎餅がとてもおいしかったです。

エマダツィ

左下の緑色の野菜がエマ・ダツィ。
少量の湯で唐辛子を煮込み、塩とチーズで味付けをしたもの、
その上は、ブータンのお蕎麦、
右上は赤米とひき肉、
真中は南瓜、下はジャガイモです。

バイキング8


写真を見ながら思い出していると切りがないので
今日はブータン王国の民族衣装にしぼって
ご紹介しましょう。

まず、こちらは男性の民族衣装、「ゴ」です。↓

497.jpg

はしょったウエストの部分には
お財布や小物を入れることができるので、
とても便利だそうです。

肩からかけたショールは、
公式な場、お寺や役所などに入るときには
必ず着用しなければならないそうです。

266.jpg

衣装の模様や白い袖の折り返し方で、
出身地や身分がある程度わかるのだそうです。

足元は、黒いハイソックスに皮靴。
ハイソックスは日本製が抜群にいいのだと
ブータンの日本語ガイドさんが話してくれました。

それから、皮靴はいつもぴかぴかに磨くのが
おしゃれのポイントだそうです。

そしてこちらは女性の民族衣装、「キラ」です。↓

182.jpg

皆おしゃれをして、
巨大なマニ車の周りを右回りに練り歩いています。
私も一緒に5周くらいはしたかしら?

こちらはホテル内のアクセサリーショップのお姉さんの「キラ」です。↓

046.jpg

貧しい国なのですが、
皆さんおしゃれには非常に熱心です。

民族衣装の着用が義務付けられている国だから
余計におしゃれに関心が向くのでしょうか。
そういった制限があるからこそ、
何とかその中で工夫をしようという意欲がわくのかもしれませんね。


326.jpg


ゴと着物

こちらは、私がティンプーで着た訪問着です。
ブータンの通訳ガイドさんと一緒に撮りました。
懐かしい一枚です。



butan1.jpg

次回はブータンの国の花、
青い芥子の花を見に行きたいと夢見ています。
いつのことになるやらわかりませんが、
実現させなければ!と思います


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment 2 | Trackback 0
| HOME |
10 | 2011/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

OTHERS

TAG


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。