開運堂の「真味糖」

和文化エッセイ 2011/09/09

鬼ぐるみ

今日のティータイムのお供は、
開運堂の真味糖です。

長野県に遊びに行った叔母のお土産です

解説によりますと、
鬼胡桃や蜂蜜、白砂糖が入った和風のタフィーで、
大正末期に創作されたお菓子だそうです。

当初は「歌舞伎くるみ」という名称で
歌舞伎座でも販売されていたとか。
その後、昭和初期に裏千家淡々斎宗匠が
茶席菓子としてふさわしい菓名にと
「真味糖」と命名されたそうです。

食べてみると、
しっかりとした甘さと
大粒の胡桃の歯ごたえに
目が覚めました!

朝、寝起きの目ざましによいかもしれません

パッケージもごらんください。↓

真珠糖

格式ある銘菓らしい、上品なデザインですね。

詳しい情報はこちへどうぞ。

        →松本銘菓・開運堂「真味糖」


真味糖


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 2 | Trackback 0
| HOME |
08 | 2011/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

OTHERS

TAG