スポンサーサイト

スポンサー広告 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菖蒲田へ撮影に行きました

和文化エッセイ 2011/06/29

ブログ用菖蒲園2

今日の写真は、菖蒲です。

6月26日の日曜日の朝、
休日にもかかわらず早起きをしてしまったので、
ふと思いつき、明治神宮の菖蒲田に撮影に行きました。
たしか昨年は、パワースポットで有名になった清正の井の人気が沸騰、
あまりに人が多く菖蒲の撮影を断念したのでした。

朝8時前に明治神宮に到着、
参拝を済ませてぐるりと明治神宮内をウォーキングの後、
9時過ぎに菖蒲田へ。

ピークは過ぎたようですが、
まだまだ十分楽しめます。
今週末も、まだ咲いているかもしれませんね。
菖蒲田の詳しい情報はこちらへどうぞ。
     →明治神宮・菖蒲田

見渡す限り、菖蒲。
今年はばっちり撮影できました
      ↓
ブログ用菖蒲園3JPG

写真をたくさん撮って大満足の帰り道、
清正井の案内人さんに話しかけてみると、
朝早い時間だったこともあるのでしょうが、
一時のブームもようやく落ち着いたのでしょう、
ほとんど待たずに見学できますというので、
行ってみました。↓


清正井

澄んだ湧水がとてもきれいだったので
少し手を浸してみましたが、
それほど冷たくありません。

けれども、騒がれ過ぎて、なんだか気の毒な感じがしました。
心なしか、疲れているような……

整理券が不要になったころに、
またふらりと訪れてみたいと思います。

ブログ用菖蒲園1

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment 0 | Trackback 0

どの帯留めにしようかな♪帯留め5種

着物コーディネート 2011/06/26

単衣塩沢に葵絽帯

今日は午後から着物仲間の友人二人を自宅に招いて、
楽しく着物談義に花を咲かせました。

着物仲間が来るとなると、
私はそれはもう遊び帯留めに力を入れます!

あれにしようかこれにしようか悩んだ末に、
今日は5種の帯留めを2分紐に通し、
1つを前に据え、
残り4つは背中のお太鼓の中に隠して、
準備は完了です

コーディネートを簡単にご説明しますと、
着物は単衣の塩沢紬、
帯は葵模様、絽の染め名古屋帯、
私の初期の染色作品です。

        染色教室に興味がおありの方はこちらへどうぞ。
        現在、お得な「帯地付き・お試し5回コース」キャンペーン期間中です。
                 →桜台きもの染色教室

「帯どめBOOK」154ページにも掲載された帯ですので、
本をお持ちの方は、見比べてお楽しみください。

さて、まず一つ目の帯留めは、
箸置きに金具をつけただけの遊び帯留めです。
くるりとした巻きが、帯の柄の蔓と馴染むように思いました。↓

蔓帯留めアップ

二つ目は、木製の木の葉帯留めです。
こちらは古いものではなく、新しい現代の帯留めですが、
しっとりと落ち着いた感じになりますね。↓

木の葉巻き帯留め

今日遊びに来てくれた友人の1人は、
この木の葉帯留めが気に入ったそうです。

そして3つ目ですが、
こちらは京都で見つけたオブジェに金具をつけた
遊び帯留めです。↓

だまし絵帯留め

もう1人の友人は、この帯留めがお気に入りだそうです。
まるでだまし絵のように帯の葵模様と馴染んでいて面白いからという
感想をもらいました。

さらに4つ目の帯留めは、
陶の丸型、まだら模様の帯留めです。↓

丸まだら模様帯留め

こちらも3つ目の帯留め同様、
京都を旅しているときに見つけました。

私自身は、今日のコーディネートではこの帯留めが一番
マッチしているのではないかと思っています。

さて、5つ目、最後の帯留めです。↓

半円ブローチ帯留め

ブローチに金具を付けた七宝の帯留めです。

七宝の表面は艶やかなガラス質、
涼しげな印象になりますね。

皆さんは、どの帯留めがお好みですか?



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

紫陽花と半夏生

和文化エッセイ 2011/06/23

釣り船の紫陽花と半化粧

今日の写真は、釣り船に生けられた
紫陽花と半夏生(はんげしょう)です。

先週伺ったお茶のお稽古で
撮らせていただいた床の間の飾りですが、
本当に涼しげで、素敵でした。

虫食いの紫陽花の葉は
きっと先生がわざわざ選ばれたのでしょう。
日本人ならではの感性、
自然の美しさが感じられます。

半夏生はちょっと分かりづらいんですけれども、
ちょうど写真の中心にあります。
ぷらりと垂れ下がった花と白い葉が半夏生です。

園芸大百科事典で半夏生を引いてみますと、

   半夏生(夏至から11日目)のころに白い葉がつくとか、
   葉の下半面が白くなるので半化粧の意味と言われる。

   花よりも緑と白に分かれた葉が観賞され、
   どくだみと同じように傷つけると臭いがするが、
   切り花として生けてもそれほど問題はなく、
   茶席の花として用いられる

とありました。

そういえば昨日は夏至でしたね。
とすると、ちょうど今ごろに観賞するのがよいのでしょう。

ところで、先日のお稽古の主菓子(おもがし)の写真も
撮らせていただきました。↓

金沢の紫陽花主菓子

紫陽花です。

先生にどちらのお菓子か伺ったのですが、
金沢のお菓子なんだけれども、
お店の名前がどうしてもすぐに出てこないとのこと。

柔らかな求肥の中に咲く紫陽花の花、
いただくのがもったいないほど綺麗でした。

金沢のお菓子ということを心にとめて、
またどこかで巡り出会うことを
楽しみにしたいと思います



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

お得な帯地付き♪お試し5回コース

和文化エッセイ 2011/06/19

ゴム糊図

今日は、今製作途中の染め帯をご紹介します。

上の写真は、縮緬の白生地にゴム糊で模様を描いたところです。

縮緬は表面がでこぼこしているので描きづらいのですが、
今回は緻密な図ではなく、
大き目の花模様なので、
ゴム糊を描き上げるのにそれほど時間はかかりませんでした。

帯の前柄とお太鼓のポイント柄のみなので、
ここまでの段階でかかった時間は約5時間です。

そして次は、色を挿します↓

ゴム糊色刺し

花の中心は赤と青、
葉はごく淡い黄色、緑、茶を暈しながら
ランダムに自由に色を挿していきます。
ぬり絵のようで、とても楽しい作業です

この色挿し作業にかかった時間は1時間ほど、
楽しい作業はあっという間に終わってしまうのですね。

そして次は、挿した色の部分を蝋で伏せる作業です。↓

ブログ未使用写真

黄色く色づいた部分に、蝋が乗っています。

溶かした蝋を筆につけて、じわっと生地に染み込ませます。
てんぷら油が半紙に吸い込むような感じで、
これもまたなかなか面白い作業です

今日はここまで、進みました。

完成までにはまだいくつか工程がありますが、
また後ほど、ご紹介したいと思います。

私が「趣味は染色」言うと、
驚かれる方が多いのですが、
恐らく皆さんが考えているほど難しいことではありません。

作業によっては宿題として持ち帰ることができるので、
空き時間を利用して自宅で作品作りを進めることができますし、
習い事として、さほど負担はないのです。

何といっても自分だけのオリジナルの帯を創る喜びがありますし、
呉服屋さんに売られている着物や帯を見て、
どんな生地が使われているのか、
また、どんな技術が使われていて
どれだけ手間がかけられているかといったことが分かるようになるので、
着物を見る目が養われます。

着物を着られるようになったら、
お茶を習う、
踊りを習う、
着付け教室を開くなど、
皆さんいろいろ考えると思うのですが、
「染色教室」もお勧めです。

まずはお試しコースとして、
オリジナルの帯を創るお得な「5回コース」があります。

    桜台きもの染色教室 お試し5回コース  
        授業料4万円(帯地などの教材費、加工費込み)
                   ※帯の仕立て代は別となります。仕立て先の紹介あり。

           1回目 糊置き作業 地入れ作業
           2回目 色挿し作業 
           3回目 蝋燭伏せ作業
           4回目 地染め作業
           5回目 金加工 完成!
           
        月3回・土曜(午前10時~12時 午後1時~午後4時)


桜台きもの染色教室のホームページはただいま工事中ですので、
興味がおありの方は当ブログにお問い合わせいただくか、
直接、桜台きもの染色教室に連絡をしてください。
           (TEL)090-47087687
       

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

初夏のコーディネート

着物コーディネート 2011/06/16

ブログ用オリエンタルリリー

今日の写真は、梅雨の晴れ間に撮ったオリエンタルリリーです。
今はもう咲き終わってしまいましたが、
南向きのベランダでつい先日まで賑やかに咲いていました。

本当に元気よく次から次へと花開き、
窓を開けると甘い香りが部屋いっぱいに流れ込み、
三週間ほど、私の目と鼻を楽しませてくれました。

さて、そこで今日はオリエンタルリリーが似合う装いを御紹介しましょう。
豪徳寺サロン、先生の装いです。↓

グレー単衣に白紬帯、白貝帯留め

着物はグレーの細い格子柄で単衣(ひとえ)の紬、
帯はオフホワイトのざっくりとした風合いの名古屋帯、
帯揚げ、三分紐は淡いピンク色でまとめています。

ポイントの帯留めは私の手作りです。↓

白貝アップ

これは千葉県館山の海でとれたカキの一種で、
素材をそのまま生かした涼しげなエコ帯留めです。
カキの縁から裏側には、
彫塑用粘土と市販の帯留め金具を使っています。

             ※エコ帯留めは、不要となったアクセサリーや
             貝などの自然素材を利用して作る遊び帯留めです。

オリエンタルリリーの花束が似合いそうな
シンプルで品のよいコーディネートですね

豪徳寺サロンはマンツーマン指導の初心者に優しい着付け教室です。
興味がおありの方は、こちらへどうぞ。

           →豪徳寺サロン


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

紫陽花とふゆちゃん

和文化エッセイ 2011/06/13

山アジサイ
ヤマアジサイ

今日は久しぶりに、ふゆちゃんの登場です

fuyutyann4.jpg

いきなりは恥ずかしいので、
まずは尻尾でごあいさつ。
どーもこんにちは。

今は夏毛に生え変わる時期、
尻尾もちょっとぽさぽさなんです。

fuyutyann1.jpg

お散歩の時間はまだなのよねー。
退屈だなあ。

fuyutyann2.jpg

眠くなってきちゃったのに、

fuyutyann3.jpg

目の前でパシャパシャと
客人のカメラがうるさいです。

fuyutnann5.jpg

仕方がないので起き上がって
サービスしてあげることにしました。
せっかくだから、美人に撮ってね。

fuyutyan5.jpg

口を大きく開けて笑ってみました。

fuyutyann6.jpg

それで、モデルのご褒美は?
雨も上がったみたいだし、
私は早くお散歩へ行きたいです。

額紫陽花



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

梅雨だから、梅のお菓子でティータイム

和文化エッセイ 2011/06/08

梅甘納豆2

今日は雨が降ったり止んだり、
蒸し蒸しとした一日でした。
やはり梅雨ですね。

ところで、梅雨といえば「梅」がおいしく実る季節です。

そこで、今日のティータイムのお供は、
梅の甘納豆にしました。

この甘納豆、普通の豆や栗の甘納豆とはちょっと違います。

甘納豆というよりは
むしろ甘酸っぱくて濃厚なゼリーのようです。

ちょっと眠い昼下がり、
目覚まし代わりのおやつ向きかもしれません。

銀座鈴屋さんの季節限定商品なのですが、
小さくて可愛らしい、こんな包装で売られています。↓

梅甘納豆3

一袋に入っていたのは6粒ほどでしょうか。
もっとたくさん入ったお徳用が欲しいです

詳しい情報はこちらへどうぞ。
        →銀座鈴屋の梅甘納糖


ちなみに、この器、御もてなしセットは、
伊勢神宮のお土産です。
以前にも当ブログで紹介しましたが、
見逃してしまった方はこちらへどうぞ。
         饗膳おもてなしセットでティータイム

梅甘納豆



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

帯留めを変えて。普段着のコーディネート

着物コーディネート 2011/06/05

芍薬
芍薬と紅花


今日は、午前中は晴れていましたが、
だんだんと雲行きが怪しくなってきて、
今はどんよりとした曇り空。

雨雲が近づいているのか、
湿気も高くなってきました。

さて、そこで今日は何を着ようかと迷ったのですが、
一日雑用、宿題を片付けるつもりで時間をとっていたので、
外出はしないつもりで、
単衣の自宅用の紬をゆったりと着ることにしました。

塩沢お召 博多 つる帯留め

衿元は緩めに、
補整も必要最小限、
ゆったりと帯を締めています。

着物は亀甲柄の塩沢御召し、
帯は博多帯、
帯留めはアンティーク、蔦の葉の陶器です。

アップもごらんください。↓

2011-05-21.jpg

古い陶というのは、
味があっていいですね。

そしてもう一つ、
どちらにしようか迷った帯留めもごらんください。

茄子の帯留めです。↓

塩沢お召 博多 なす帯留め

この帯留めは今物ですが、
貝を削り出し、染めたものです。

カジュアルな雰囲気で、
自宅でくつろぐのにちょうどよい感じですね。

上の陶の帯留めは、
家事の最中、
何か硬いものにぶつけたりしたら
割れてしまう心配がありますが、
この帯留めは丈夫そうですし、
少々当たっても安心です。

アップもごらんください。↓

なす帯留めアップ

着物を着ても家事はやらねばなりませんし、
よそ行き用ばかりでなく、
惜しげなく使える普段使いの帯留めもお勧めです



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

手毬のお菓子でおもてなし

和文化エッセイ 2011/06/01

手毬2

今日の写真は、手毬の主菓子です。

先日は台風の中、
友人が大変な思いをして拙宅に遊びにきてくれたのですが、
そのときにお出ししたお菓子です。

水色と虹色の二種類の手毬ですが、
中を割ってみると、
水色の手毬が白餡、
虹色の手毬が漉し餡でした。

てっぺんには金粉が飾られていますし、
少し淡い色遣いが
金沢のお菓子の雰囲気だわと思ったのですが、
違いました。


鎌倉のお菓子です

池袋の西武デパートに週に2回お店を出しているのだそうで、
私は運よく、その売り場の前を通りかかりました。

包装もとてもしゃれています。↓

手毬

女性作家さんの創作和菓子だそうで、
名刺もいただきました。
詳しい情報はこちらへどうぞ。
     →創作和菓子・手毬


お客様がいらっしゃる日は、
どんなお菓子でおもてなしをするか、
お菓子選びが楽しくていつもわくわくするのですが、
今回はこの手毬に一目ぼれ、
これだわ!とピンと来ました。

お客様も「きれいね」と喜んでくださいました。

お茶は「一期一会」です。

大したことはできないけれど、
いつも、お客様の記憶に残る
美しくて美味しい一席にしたいと思っています。

どうぞまたお出かけくださいね。
お待ちしております



鎌倉手毬


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 2 | Trackback 0
| HOME |
05 | 2011/06 | 07
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

OTHERS

TAG


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。