一風変わった着物と帯のコーディネート

着物コーディネート 2011/02/09

大島紬とカンボジアの帯、松簿っくりの帯留め2


今日のコーディネートをご説明します。

まず着物は、桃色の大島紬です。

この着物は、実は白大島だったのですが、
上前に落ちない染みを付けてしまい、
悉皆屋さんと相談をして染め変えをしたものです。

かなり思い切った明るい色に染まりましたが、
なかなかこのような思い切った色の大島紬は巷では見かけませんから
人様に珍しがられますし、
話の種になるので染め変えをしてよかったと思っています。

そして帯ですが、こちらもまた普通にはないもので、
カンボジア産のアンティークシルクで作った半幅帯です。

カンボジアのアンティークシルクは、
大変しなやかで触り心地のよい絹で、
染めではなく織物、文様は絣が多いようです。
日本の素朴な絣模様とは違うエキゾチックな雰囲気が魅力です。

聞いた話ですが、カンボジアでは、
大切なシルクは紛争が起きると泥の中に埋めて隠し、守ってきたのだそうです。
切ない話です。

このアンティークのカンボジアシルクがどんな長旅を経て
私のところへやってきたのか分かりませんが、
大事にしたいと思います。

帯留めは、白蝶貝のアンティーク、松ぼっくりです。

着姿はこちらです。↓

ブログ用ピンク大島とカンボジアシルク帯

自宅でくつろぎモードなのでくしゃっとした男結びですが、
仕立て屋さんが上手なのですね、
ちょうどよい硬さの芯が入り、締め心地も気持ちよいことこの上なしです。

実は内心、シルクがあまりに柔らかいので、
ちゃんと締められる帯になるかしら?と心配だったのですが、
仕立てていただいてよかったと大満足です。

カンボジアシルクを譲ってくださった方、
注意深く仕立ててくださった方に感謝です。
どうもありがとうございました



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0
| HOME |
01 | 2011/02 | 03
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

OTHERS

TAG