スポンサーサイト

スポンサー広告 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘年会・友の装い最終回

着物コーディネート 2010/12/26

ブログ用花束と先生

今日は、「忘年会・友の装い」の最終回です。

まず上の写真ですが、豪徳寺サロン、先生の装いです。

ちょっとしたお祝い事も兼ねていたので、
花束のプレゼントを受け取られたところを撮ってみました。

贈られたお花は豪徳寺サロンOBの手作り、
先生の雰囲気にぴったりの、エレガントな大人のブーケです。

さて、先生のコーディネートですが、
枯れ葉模様の結城紬に
幾何学模様のしゃれ袋帯です。

帯揚げはモスグリーンの縮緬、
三分紐は着物と同系色の生成り色、
ポイントの帯留めは、
私が大分以前に創ったガラスの角型帯留めです。

帯の角型模様と帯留めの角型が同じ大きさで、
絶妙なコーディネートとなっています。

結城紬のような高価な着物には
高価な帯留めでないと合わないのでは?と思いがちですが、
先生の手にかかっては、
まるでそんなことは関係なく、
要はセンスの問題なのだなと改めて痛感させられます。

常識にとらわれない自由さ、
着物遊びの楽しさを感じます

そして、最後にご紹介するのは、
ただいま豪徳寺サロン一番の若手、
一生懸命勉強中の生徒さんの装いです。↓

ブログ用紫紬と名古屋帯

ご自分で選ばれたという
赤紫色、花模様の紬に
朱色、抽象模様の名古屋帯です。

帯揚げは優しい生成り色、
帯締めはこっくりとした桃色です。

この日は着付け教室に寄らず、
ご自宅で自分で着物を着て、忘年会に参加をされました。

実は、誰の助けも借りずに、
自力で着物を着て外出をしたのは初めての経験だったそうです。

外出するまでの準備に2時間もかかってしまったとのことでしたが、
これだけできればもう大丈夫、自信を持ってください。
来年のお正月は、きっと着物で初詣ができることでしょう。

さらりと難なく着物を着られるようになるまであともう一歩です。
頑張ってくださいね



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment 0 | Trackback 0

忘年会・友の装い2

着物コーディネート 2010/12/21

花小紋と朱名古屋帯、朱箸置き帯留め

今日も引き続き、「忘年会・友の装い」のご紹介です。

まず着物は、賑やかな花模様の小紋です。

渋い深緑色の地に
明るい朱と黄の花模様がぴりっと効いています。
元気を引き出してくれそうな着物ですね。

帯は、シンプルな朱の無地に地紋が浮かび上がるしゃれ袋帯、
帯揚げは、帯の色になじませた錆び朱、
三分紐も帯の色と同系色でまとめています。

ポイントの帯留めは、
私が帯留めを創り始めたころの初期の作品です。↓

ブログ用木の葉帯留めアップ

何年も前の作品で、
箸置きに金具をつけただけの簡単なものですが、
なかなかよいではありませんか
使い方がお上手です。

この友人、一体私が創った帯留めを幾つ持っているのでしょうか?

本当にいつも素敵に使ってくださるので、
うれしくてありがたくて、
私はついつい調子に乗ってしまうのですね。

このような友人のおかげでここまでやってこれたのだなあと、
しみじみ感じてしまう年の瀬です。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

忘年会・友の装い

着物コーディネート 2010/12/19

ブログ用ブルー花小紋と袋帯

今日の写真は、「豪徳寺サロン・忘年会」に参加をした友の装いです。

今回は、結婚祝いや退職祝いといった
おめでたい方々のお祝いも兼ねておりまして、
例年の大人数とは違い、
ごく親しい仲間内の会となりました。

だからでしょうか?
何の打ち合わせもしていないのに以心伝心、
まるで姉妹のようなコーディネートの
お二人がいらっしゃいました

まず上の写真ですが、
優しいブルーをベースに抽象花模様が描かれた小紋の着物に
パーティー会場にも映える古典柄の袋帯、
帯揚げはブルーとピンクの暈し染め、
帯締めは着物の中の花の色に合わせたピンクベージュです。

そしてもうお一人、こちらをごらんください。↓

ブログ用グリーン花小紋としゃれ袋帯

優しい緑色をベースに椿の花模様が描かれた小紋の着物に
抽象模様、茶のしゃれ袋帯、
帯揚げと帯締めは、それぞれ着物の中の花の色に合わせて
コーディネートをしています。

そしてお二人が並ぶとこんな感じです↓

ブログ用花小紋二人

まるで姉妹のようです!
二人並んでポーズをとって、記念写真を撮らせていただきました

お二人ともすらりと背が高くモデルさんのような体型、
小紋にしては大きく大胆な花模様ですが、
大変お似合いです。

背が高い方は、大胆な模様も
さらりと着こなせるところが強みですね

お二人とも、お疲れさまでした。
次回はどんな装いでいらっしゃるのでしょうか、楽しみです。

また来年も、どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

クリスマスコーディネートと忠臣蔵「討ち入り」コーディネート

着物コーディネート 2010/12/14

襟元がクリスマス

先日は友人と一緒に、
国立劇場で仮名手本忠臣蔵を観劇しました。

今日は折しも12月14日、討ち入りの日です。
ここのところ、随分と寒くなってきましたが、
その昔、赤穂浪士による「討ち入りの日」は、
雪が降っていたといいます。
そんなことを思うと、
「討ち入り」の日はやはり寒くないと気分も出ませんね

さて、まず最初の写真ですが、
一緒に忠臣蔵を観劇した友人の装いです。
淡い桜色のショールに
クリスマスツリーのピンブローチで
衿元を飾っています。

彼女のテーマは、クリスマスです
アップもごらんください。↓

クリスマスピンブローチ

ショールを外してもらうと
可愛らしい絞り染めの羽織があらわれました。↓

羽織と小紋、クリスマス

絞り染めの羽織に
サーモンピンクの小紋の着物、
京都の四条で見つけたという塩瀬の名古屋帯です。

ポイントの帯留めは、
もう大分以前に私が創った遊びの帯留めです。

箸置きに金具を付けただけの初期の頃の作品なので、
大変懐かしくて、まだ使っていてくれるのねと
すっかりうれしくなりました。
アップはこちらです。↓

クリスマス帯留めアップ

そして観劇後、
劇場内で帯のお太鼓の部分も撮らせてもらいました。↓

塩瀬クリスマス帯

まさにクリスマスコーディネート、
ばっちりきまっています。

さて、この日の私のコーディネートですが、
考えあぐねた末、
「討ち入り」ですから、
やはりここは激しく燃え尽きねばと思いまして、
このようになりました。↓

鶏頭帯

背中が燃えております

西陣の縫い取り御召しに
鶏頭手金更紗、金通しの名古屋帯です。

「鶏頭手金更紗」は、古渡り(こわたり)更紗の一つで、
その昔、インドから渡来した更紗の模様です。
日本の鶏頭の花に似ているので
このように名付けられたものであろうとされています。

自分で図案を描いて染めた帯ですが、
我ながら、個性的な面白い作品になったと満足しています


このような個性的な帯を自分で創ってみたい!
と思われる方は、こちらへどうぞ。

      →桜台きもの染色教室

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

旅の思い出、帯留めをコーディネート

着物コーディネート 2010/12/09

鬼しぼちりめん小紋1


今日のコーディネートをご説明します。

まず、着物は鬼しぼ縮緬の小紋です。
エキゾチックな更紗模様が大人びた雰囲気で、
毎年秋が深まり、初冬のころに袖を通すのを楽しみにしている着物です。

この鬼しぼのどっしりとした質感、しどけない風情、
体に沿うので体型がほっそりして見えるのがうれしくてすっかり気に入ってしまい、
もう一つ違う雰囲気のものが欲しいと
呉服屋さんに鬼しぼ縮緬の白生地を注文し、
自分で小紋の着物を染めたことがありました。

しかし、どうも着心地が違います。
しっとり感、重さが足りません。
白生地の注文先に問い合わせてみると、
頭をかきかき、上等の鬼しぼは、なかなか手に入りにくくなりまして……
とのことでした。

どんなに素敵な図柄でも、
どんなに素敵な色合いでも、
やはり大もとの白生地が上等でなければ駄目なのだなと
勉強させてもらったことを
この着物に袖を通すたびに思い出します。

ついつい脱線してしまいましたが、
コーディネートの説明に戻りましょう。

帯は、茜染めのしゃれ袋帯です。
個性的な着物なので、
あっさりとした抽象柄の帯を合わせました。

帯揚げは、帯よりも一段明るい色のベージュ、
二分紐は着物の色に合わせて、深緑色です。

ポイントの帯留めは、
昨年の夏に旅したブータン王国で見つけたブローチです。
金具を付けかえて、エコ帯留めにしました。

               ※エコ帯留めは、不要となったアクセサリーや
                自然素材の貝などを利用してつくる遊びの帯留めです。
アップもごらんください。↓

アップブータンブローチ

ブータン王国の首都ティンプーのアクセサリーショップにあったものですが、
お店のお姉さんが大切そうに、
すべてハンドメイドで一点物よと勧めてくれました。

石は何なのかわかりませんでしたが、
シルバーの雰囲気からして、
デザインはブータンのものだとしても、
お隣のインドで加工されたものかもしれません。
今までずっと使えずにしまってありましたが、
やっと、このたびデビューすることができました。

旅と帯留め、私にとっては切っても切れない関係です



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

石榴の果実

和文化エッセイ 2010/12/06

ブログ用ザクロ

今日の写真は、石榴(ざくろ)です。

日本産の石榴は、
近頃はお店では売っていないので、
ご近所から分けていただいたものです。

食べにくいけれど、
女性の肌や髪には随分とよい成分が含まれているそうです。

石榴が手に入らないという方は、
TAKANOの濃縮ざくろエキスが、お勧めです
個人的には、なんだか目が疲れてしょぼしょぼするなあというときに
効くような気がしています。

ところで、石榴といえば縁起がよいのか悪いのか、
疑問に思ったことはないでしょうか?

縁起が悪いと感じるのは、
「人肉の味がする」などと
気持ちの悪いことが言われるからですね。
それは、鬼子母神伝説からきているようです。
         
鬼子母神伝説とは、簡単にまとめますと、
子供を捕えて食べてしまうカリテイボが
釈尊にとがめられて改心し、
子供を食べたくなったときには、
その代わりに石榴の実を食べた
という伝説です。

一方石榴は、多産、子宝を意味し、
トルコやギリシア、中国では、
大変に縁起のよいものとして
大事にされているそうです。

園芸大百科事典を読んでみると、
石榴はもともとイランからアフガニスタン、
パキスタンなどに野生していて、
果樹として栽培され、
また観賞もされ、美術品の図案にもなり、
中国、日本へと伝わったそうです。
そして、世界中でさまざまな伝説や神話を生んだけれども、
それは人間との関係が長く深いためであろうとありました。

食べにくいけれども体に優しい、
毒々しいけれども思わず引きつけられてしまう美しい果実。

縁起がよくても悪くても、
人を引き付ける魅力はあるのだと思います。
写真を撮りながら、
ちょっとどきどきしてしまいました


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0

豪徳寺サロン・撮影会

着物コーディネート 2010/12/02

御召しと赤帯、海牛帯留め

今日は、豪徳寺サロンの生徒さんの装いをご紹介します。

まず上の写真ですが、
着物は昔ながらの御召しです。

目の覚めるような大胆な抽象模様で
人を選ぶ着物ですが、
ちゃんと着こなしていらっしゃいます。

帯は赤い無地の紬地、名古屋帯です。

主張の強い着物にあっさりと無地の帯、
バランスがとれていますね

帯揚げは淡い桜色、
三分紐は着物の地色と同系色のグレー、
ポイントの帯留めは、
ご自分で作られたエコ帯留めです。

             ※エコ帯留めは、不要となったアクセサリーや
              貝などの自然素材を利用してつくる遊びの帯留めです。

アップはこちらです。↓

海牛帯留め

千葉県館山の海でとれたアマオブネという貝殻を利用したものですが、
一見、貝には見えません。
ちょっと不思議なオブジェといった感じです。
面白いですね

さて、次の写真は、
もうすぐ豪徳寺サロンを卒業される
生徒さんの装いです。↓

黒縞着物、ピンク名古屋帯、ピンク帯締め

縞柄の小紋の着物に、
花模様が優しい雰囲気の名古屋帯です。

帯揚げも帯締めも、
着物と同系色、淡い桜色でまとめています。

お稽古着なのよと謙遜していらっしゃいましたが、
長年着物の勉強をされてそろそろご卒業とのこと、
着物姿がすっかり板について、気負いがなく、自然です。

そして最後は、
豪徳寺サロンの先生の装いです。↓

市松紬に花名古屋帯

着物は、市松模様の茶の紬、
帯は、紬地に抽象花が描かれた名古屋帯です。

微妙な色合いのちりめんの帯揚げに
帯になじむ朱色と抹茶色の帯締めを
きりっと結んでいらっしゃいます。

さすが先生、いつものことですが、
ため息が出るような美しさです。

皆さん、撮影にご協力をありがとうございました。
またどうぞ、よろしくお願いいたします



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 0 | Trackback 0
| HOME |
11 | 2010/12 | 01
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

OTHERS

TAG


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。