続・1泊2日金沢の旅

和文化エッセイ 2010/11/06

ブログ用 学校

前回に続いて、今日も「1泊2日金沢の旅」のご紹介です。

上の写真は、朝8時30分ごろ、
兼六園へ向かう途中に前を通った、
石川四高記念文化交流館です。

風格のある建物ですが、
立派な松が寄り添い、建物の品格をさらに引き上げています。↓

ブログ用学校と松

朝早かったこともあり前を素通りしてしまいましたが、
次回はちゃんと中の様子まで見学をしたいと思いました。

          詳しい情報はこちらへどうぞ。
             石川四高記念文化会館

今回は、着物好きの友人と仲良く二人旅。
前夜は楽しく飲み過ぎて、
「明日の朝、起きられないかもね」とお互いに心配でしたが、
全く杞憂でございました

「二日酔いがないのは、きっと昨夜いただいたワイン、上等だったのよ」
(全然銘柄は記憶にないのですが……)と
両者ともにご機嫌、気持ちよく朝の散歩を楽しむことができました。

         1日目の旅の様子はこちらへどうぞ。
             →「1泊2日金沢の旅」

さて、午前9時。
いよいよメイン観光、兼六園です。

兼六園内の茶店はもう開いていて、
兼六団子など、朝食代わりにいただいた後、
園内を散策しました。

こちらは、有名な徽軫(ことじ)灯篭です。↓

ブログ用兼六園灯篭

足が二股になり、琴の糸を支える琴柱(ことじ)に似ていることがその名の由来だそうです。
詳しくは、兼六園のホームページをごらんください。
                →兼六園

この灯篭の前は大人気の撮影場所となっていました。
上の写真は、私も列に並んで撮った一枚です。

兼六園の紅葉は、まだ少し早いようでしたが、
シュウメイギクがきれいに咲いていました。↓

兼六園のシュウメイギク

園内は、1時間半ほど散策したでしょうか。
一休みしましょうということになり、
兼六園周辺にある漆器屋さんへ。

そのお店のカフェで金沢の主菓子とお薄をいただきました。↓

ブログ金沢で抹茶

紅葉をイメージした主菓子ですね。

         詳しい情報はこちらへどうぞ。
             →漆器の能作・カフェ「漆の実」

金沢の旅の記念に、私はここで山中塗のお盆を求めました。

一方友人は、
漆器よりも普段使いの抹茶茶わんが欲しいとのこと。
「ここで探すなら、やはり九谷焼か大樋焼きよね」ということになり、
何店か陶器のお店を梯子しましたが、
なかなかこれといった出会いは得られず終い。

今回は残念でしたが、
きっと彼女にとって、ぴんとくる茶碗との出会いが
そのうちにあることでしょう。
諦めずに、イメージどおりのマイ茶碗探し、
頑張ってほしいと思います

さて、それからホテルをチェックアウト、
お昼は、友人の元同僚だという、
今時珍しいほど礼儀正しい青年が
「つる幸」さんというおいしい料亭へ案内をしてくださいました。

ここで初めて金沢料理をいただきましたが、
お魚がしみじみとおいしく、蟹の味も絶品でした

          つる幸さんの情報はこちらへどうぞ。
                 →「つる幸」

今回は、顔の広い友人のおかげで、
1泊2日の両日とも素晴らしい案内人が付き、
至れり尽くせりの本当に贅沢な旅となりました。

ただ、一つ残念なことが……

実は、着物好き同士の旅であるにもかかわらず、
洋装での旅となってしまいました。

なぜかといえば、出発当日は関東を台風が直撃、
羽田空港へ行っても飛行機は飛ばない可能性が高く、
友人と二人、
「飛行機が飛ばなかったら、空港で残念会をしましょう。
着物がずぶ濡れになるのも悲しいし、
今回はあきらめて洋服で行きましょうね」ということで
話が決まったのです。

ところが、蓋を開けてみれば
幸い友人が自称「最強の晴れ女」だったおかげで?
無事飛行機は飛び、
旅の間は、時折晴れ間がのぞくうす曇りという穏やかなお天気、
気持ちよく観光をすることができました。

旅の途中では何度も、
「きれいな景色ねえ。今度は着物で来ましょうね」と
お互いに慰め合いました。

金沢には、着物が映える美しい撮影スポットが、
本当にたくさんありました。
今度こそは着物で一緒に旅をしましょうね。
お疲れ様でした

ブログ用ツワブキと小菊


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
Comment 2 | Trackback 0
| HOME |
10 | 2010/11 | 12
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

OTHERS

TAG