「豪徳寺サロン」着物忘年会・その3

着物コーディネート 2009/12/29

小紋と半幅黒、赤帯

今日は「豪徳寺サロン」着物忘年会ご紹介の、最終日です。
3回だけのシリーズで申し訳ありません。
もっとたくさんの方が参加してくださったのですが、
ついつい会話が楽しくて、
写真撮影を怠けてしまいました。

さて、今日ご紹介の装いは、
豪徳寺サロンに入って間もない生徒さんです。

まだ着物に慣れていないということで、
黒地に花模様の小紋の着物に
気軽に締められる半幅帯を合わせて
忘年会に参加をされました。

豪徳寺サロンから忘年会に向かう途中、
着崩れてしまわないかと大変心配そうでしたが、
全く問題なく、最後まで楽しく過ごされたようでした。

後ろの帯結びは可愛らしい文庫崩しを
先生に結んでいただきました。↓

文庫崩しと小紋

気軽に締められる半幅帯は、
お出かけがまだ心配という着物初心者の方にお勧めです



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 0 | Trackback 0

「豪徳寺サロン」着物忘年会・その2

着物コーディネート 2009/12/28

ピンク小紋と猫帯留め

昨日に続きまして、
豪徳寺サロン」着物忘年会に参加をされた方の装いを
ご紹介します。

今日は、ただいま勉強中の生徒さんの装いです。

まず、着物はピンクの地色にブルーの抽象花模様が可愛らしい小紋です。
お母様から譲り受けたものだそうです。

そして帯は、わくわくするような楽しい抽象模様が描かれた
朱色の名古屋帯です。

帯揚げは帯の色に合わせた朱色のちりめん、
三分紐は淡いピンク色です。

そしてポイントの帯留めは、
2匹の猫がハートの中に描かれた陶器です。
アップもごらんください。↓

猫帯留めのアップ

この帯留めは、
先日京都へ行ったときに見つけた
陶器の箸置きなのですが、
金具を付けて豪徳寺サロンに持って行ったところ、
早速その場で身につけて、
忘年会でお披露目をしてくださいました。

本当に可愛らしく、お似合いでした。

豪徳寺サロンの皆さん、
いつも「エコ帯留め」遊びを応援してくださって、
ありがとうございます。

明日も同じく豪徳寺サロンで勉強中の生徒さんの装いを
ご紹介したいと思います。

お楽しみに

                     ※「エコ帯留め」は、不要となったアクセサリーや
                       貝殻などの自然素材を利用して創る遊び帯留めです。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 0 | Trackback 0

「豪徳寺サロン」着物忘年会・その1

着物コーディネート 2009/12/27

訪問着ブルー無地と紬袋帯

今日から3日間、「豪徳寺サロン」の忘年会に参加をされた方々の装いを
ご紹介したいと思います。

まず初めは、豪徳寺サロン講師の装いです。

着物は格調高い色留袖です。
上前に上品な淡いグレーで模様が描かれていたのですが、
遠目には無地に見えてしまうほど淡い模様でして、
残念ながら写真には写りませんでした。
お見せできなくてすみません……

帯は、紬地に梅、楓、松が
格調高く織りだされたしゃれ袋帯です。
金糸、銀糸も使われているので、
お呼ばれ、パーティーにも向く帯ですね。

そして帯揚げは、絞りが入った淡いブルーグレー、
三分紐は落ち着いた色みのオフホワイトです。

帯留めは、以前に私が創った
天然石に金具をつけた遊びのものをしてくださっています。
アップもごらんください。↓

ブルー訪問着アップ

石の名前が残念ながらわからないのですが、
角度を変えて見るときらりと光る、
一見地味に見えるけれども存在感のある石です。

大変美しい完璧なコーディネート、さすがです。
いつも素敵な装いを見せてくださる先生に、感謝です



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 2 | Trackback 0

体に優しい八ツ橋でティータイム

和文化エッセイ 2009/12/23

ブログ用益寿糖TIF


今日のティータイムのお供は、
京の高級菓子、幻の仙菓(せんか)、益壽糖(えきじゅとう)です。

先日京都で見つけた八ツ橋ですが、
私はいつも、京都で八ツ橋は当たり前過ぎるので
お土産にするのは、何となく避けていました。

しかし、この益壽糖は
一見八ツ橋とはわからないようなパッケージ、
大変心ひかれるものがありました。↓

益寿糖ブログ


そこで、まあ、たまには八ツ橋もいいかしらと、
さほど期待をせずに東京に持ち帰ったのですが、
これがまた、びっくりするほどのおいしさでした

周囲に上品な和三盆がまぶしてあり、
ニッキの香りがふんわりと口の中で広がります。

井筒八ツ橋本舗さんの解説によれば、
大正天皇が皇太子であられた頃に
好まれた滋養菓子だそうです。

幻の仙菓、益壽糖、
体に優しくおいしいお菓子の情報はこちらへどうぞ。

                 →井筒八ツ橋本舗・益壽糖


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 0 | Trackback 0

イソダマのエコ帯留めをコーディネート

着物コーディネート 2009/12/20

ブログ用キツネ煎餅とおみくじ

今日のティータイムのお供は、
京都の「いなり煎餅」です。

先日、京都へ暮れのあいさつへ行ったのですが、
ぶらぶらと散歩の途中に見つけた
おみくじ付きの楽しいおやつです。

来年の運勢を占うつもりで引いてみると……
大吉でした

しかし、文句が変わっています。

     諦めましょうと 
     どう諦めた
     諦められぬと
     諦めた

???
これで大吉なんでしょうか?
ユーモラスな大吉です。

ほかのおみくじも気になって
ついついたくさん食べてしまいました。↓


おみくじ

   信州信濃の新そばよりも
   わたしゃお前の
   そばがよい

これは末吉です。
身近なところに幸せがあるという意味でしょうか?

狐につままれると、
こんな感じなのでしょうか?

ちょっと不思議でユーモラスな「いなり煎餅」、
京都伏見稲荷にお参りの方は、
お土産として、お勧めです


さて、このところブログをさぼり気味で
いつも応援してくださっている皆さまには大変申し訳ないのですが、
実は「エコ帯留め作り」に精を出しておりました。

                ※「エコ帯留め」は、不要となったアクセサリーや
                  貝などの自然素材を利用した手作りの遊び帯留めです。

ちらっとその成果をお見せしましょう。↓

ブログ用貝の帯留め集合写真

年の内に100個創るのが目標だったのですが、
今年も残すところ後10日、
目標達成はどうも難しいようです。

やはり師走となると、
のんびりエコ帯留めを創っている場合ではありません。

けれども忙中閑あり、
昨日は上の写真の中央、右下の
「イソダマのエコ帯留め」を使ってみました。

イソダマは、サザエの蓋が小さくなったような墨色の貝で、
丸い形に5つ並べ、梅の花を創りました。↓

結城紬と赤帯

大変寒かったので、
暖かい結城紬に、
燃えるように赤い繻子地、絞りの名古屋帯を
合わせました。

自分で創った帯留めを
実際に使う喜びはまた格別です。

帯留め遊びは、楽しいですね




にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 0 | Trackback 0

文旦ピールとヒメリンゴでティータイム

和文化エッセイ 2009/12/16

ブログ用ヒメリンゴとブンタンピール

今日のティータイムのお供は、
文旦(ブンタン)のピールです。

手作りの戴き物なのですが、
大変おいしかったので、
レシピも教えていただきました。

レシピ公開の了解を得ましたので、
「文旦ピールの作り方」をご紹介しましょう

  ① 文旦の黄色い皮をピーラーで薄くむき、
    4つ割りにカットをして果実から白い皮の部分を剥がす。

  ② たっぷりの水で白い皮を茹で、
    沸騰したら5分ほどで茹でこぼす。

  ③ ②を2回繰り返す。

  ④ 時折水を変えながら3時間以上水に浸す。
    (一晩水に浸しておいてもよい)

  ⑤ 水けを絞って鍋に入れ、
    ひたひたになるぐらいの新しい水と
    グラニュー糖(白皮の重量の8割ほどの分量)を加え、火にかける。

  ⑥ 落とし蓋をして沸騰したら、
    中火→弱火で焦げないように注意をしながら煮詰める。

  ⑦ ざるに広げて乾燥させる。
    ベランダで天日干しなら1日、
    室内なら3~4日ほど。

  ⑧ 表面が乾いたらグラニュー糖をまぶす。


とてもおいしかったので
あっという間に食べてしまったのですが、
大変に手間暇かけて作られた
デザートだったのですね。

後からいただいたレシピを読んで、
ちょっぴり後悔……

今度は大事に少しずついただきますね。
ごちそうさまでした



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 0 | Trackback 0

胡桃のアンティーク帯留めをコーディネート

着物コーディネート 2009/12/13

ブログ用 泥大島と織流水名古屋、胡桃の帯留め

今日のコーディネートをご説明します。

まず、着物は泥染めの大島紬です。

つるりとしているのに肌触りはしっとり、
病みつきになる着心地です。

帯は、流水模様が織りだされた名古屋帯です。

ポイントの帯留めは、
クルミに漆を塗ったアンティークです。

着姿はこちらです↓


ブログ用茶大島紬と流水名古屋帯、くるみ帯留め着姿4

帯締めはきりりとした赤い色で緊張感を持たせ、
2分紐は帯の色になじませたベージュです。

大島紬は、着れば着るほど愛着がわく着物です。

一昨年よりも去年、去年よりも今年と
着実に体になじんでくるのです。

洋服では味わえない楽しみです。

着物初心者の方は、
初めて大島紬を着たときに、
少し違和感を感じたり、
着物に反発をされているような抵抗を感じることがあるかもしれません。
でも、あきらめないでください。

大島紬に限らず、少々堅い紬の着物は、
何度か着ているうちに
体になじんでいくのです。

手間暇かけてじっくりと、
着物遊びは楽しいですね


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 0 | Trackback 0

銀杏の羊羹でティータイム

和文化エッセイ 2009/12/08

ブログ用イチョウ羊羹と抹茶.1JPG

今日ご紹介のティータイムは、
鶴屋吉信の竿物、銀杏の羊羹です。

先日、「エコ帯留め講習会」に参加をしてくださった皆さんに
お出ししたお菓子なのですが、
どうやら1カットが大き過ぎたようです。

お薄を点てている間に、皆さん、食べきれませんでした。
すみません…

私は甘いものに目がなく、
このくらいの大きさの羊羹でも、
あっという間に食べてしまうのです。

ついつい、自分の基準に合わせてしまいました。
もう少し品よく、小さめにカットすべきでした!

けれども、見た目に美しい竿物は
切り分けるのが難しいですね。

銀杏の葉をきれいに見せようと
ちょうどよいところで切り分けると、
なかなか適当なサイズになりません。

お付き合いくださった皆さま、
これに懲りずに、どうぞまたお付き合いください。

竿物の美しい切り分け方、
研究したいと思います



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 2 | Trackback 0

これから先のお楽しみ帯留め

和文化エッセイ 2009/12/05

菊の花と唐津花入れ

地球温暖化とはいうものの、
12月に入ると、さすがに寒さが厳しくなってきました。

しかし、寒くなってくるとうれしいことが一つ。
室内に生けた切り花が大変長持ちをすることです

先週お客様を迎えた際に生けた小菊が
今週もまだ元気よく咲いています。

そろそろクリスマスの飾り付けもしたいけれど、
まだもう少し、この菊の花を楽しもうと思います。

さて、そこで今日は菊の花のアンティーク帯留めをご紹介しましょう。↓

菊堆朱帯留め

恐らく堆朱(ついしゅ)の帯留めだと思うのですが、
ちょっとはっきりしません。

だいぶ以前に骨董屋さんで見つけたものなのですが、
2分紐しか通らない小さな帯留めです。

まだ実際に使ったことはありません。

けれども、かなりシブイ雰囲気なので、
今慌てて使わなくても、
これからいくらでも機会はあるはずとのんびり構えています。

いつか使おうと楽しみにとってある帯留めが、
年をとる憂いを少し和らげてくれるような気がします。

着物遊びは、楽しいですね



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 0 | Trackback 0

エコ帯留め講習会のご紹介・最終回

手作り帯留め 2009/12/01

ドロップ帯留め

さて、今日はエコ帯留め講習会ご紹介の最終日です。


本日の作品は、
当講習会への参加は2回目、
さらにご自宅でも帯留めを作られているという方でして、
かなりのベテランさんです。

さすがに手慣れていらっしゃって、
次々と作品を作られました。

まず初めの写真は、
ガラスのタイルを組み合わせた帯留めです。

ポップな雰囲気、楽しい帯留めですね


ウノアシガイとイソダマ

こちらは、彫塑用粘土を土台に
ウノアシガイやイソダマを飾り付けた帯留めです。

素材を生かした味のある帯留めです。


バラとタカラガイ

こちらは、バラのブローチとピンクのビーズを組み合わせた帯留めと、
楕円のリングの中にタカラガイやビーズを飾り付けた帯留めです。

次から次へとアイデアがあふれてくるようで、
見ていて気持ちのよいほど、
すいすいと出来上がっていきます

ナミマガシワとねじれサザエ

最後は、ナミマガシワという貝の中にガラスのタイルを
散りばめた軽やかな帯留めと、
サザエの芯に七宝の花、もとはイヤリングだったものを飾り付けた帯留めです。

そして最後に、作者の着物姿をご紹介しましょう。

大島と赤名古屋、渦巻き帯留め

大柄な花唐草の大島紬に
赤い無地の帯、
そして帯留めは、
私がこの夏に旅をしたブータン王国のお土産を
使ってくださっています。

ヤクという動物の骨でできたアクセサリーパーツを
帯留めに作り替えたものです。

さすがベテラン、
さらりと使いこなしています。

アップはこちらです。↓

茶渦巻き帯留め

そして彼女はもう一つ、
背中のお太鼓の中に帯留めを隠していました。

大島紬と赤名古屋帯、タイ焼き帯留め

なんと、タイ焼きの帯留めです!
箸置きに金具を付けたものだそうです。

アップはこちらです。↓

2009-11-29.jpg

尻尾からアンコが飛び出ているところが
何ともいえず、おいしそう。
本当に、タイ焼きが食べたくなりました。

帯留め遊びは楽しいですね。

「エコ帯留め講習会」にご参加くださった皆様、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 0 | Trackback 0
| HOME |
11 | 2009/12 | 01
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

OTHERS

TAG