秋の花、ムラサキシキブ

和文化エッセイ 2009/10/24

小菊と紫式部

今日の写真は、小菊と紫式部です。

ムラサキシキブという名の由来が知りたくて、
「園芸大百科事典」を引いてみました。

    原産地は日本、朝鮮半島、中国。

    和名は、紫色の果実を「源氏物語」の作者、紫式部に見立てて美化したもので、
    別名をミムラサキ(実紫)という。

    日当たり地でも半日蔭地でもよく、土質を選ばず育つ。
   
    6月~7月、小さい花を多数つけ、
    10月~11月に果実が熟する。

    花言葉は「聡明」。

先日、このムラサキシキブの鉢植えを、
もう一回り大きな鉢に植えかえたのですが、
大変力強く根が張っていて
なかなか古い鉢から出すことができず、
随分と苦労をしました。

上品なイメージのある花ですが、
そのたくましさは圧倒的です。

そこで一枝手折り、
小菊と一緒に生けてみました。
気取らず、素朴な雰囲気です。

千年以上も昔から日本人に愛され、
生き続けてきた源氏物語の作者、紫式部。

上品でありながらたくましいムラサキシキブ。

一体だれが名付けたのでしょう。
本当にぴったりのネーミングですね




ヤマガラ散歩の途中に出会ったヤマガラ


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 2 | Trackback 0
| HOME |
09 | 2009/10 | 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

OTHERS

TAG