竹細工の和装小物をコーディネート

着物コーディネート 2009/10/31

竹細工をコーディネート

今日のコーディネートをご説明します。

着物は、音符模様の小紋柄、西陣お召、
帯は、濃茶色の地に抽象花模様の名古屋帯です。

そしてポイントの帯留めは、
先々週ご紹介した戸隠で見つけた和装小物、髪飾りです。
見逃してしまった方は、こちらへどうぞ。
           戸隠で見つけた和装小物

どのようにしたら帯留めとして使えるのか、
2週間、ああでもないこうでもないと考えまして、
ベージュと茶の2分紐を2本使いコーディネートをしてみました。

着姿はこちらです↓

ブログ用5

少々地味ではありますが、
東京の街中で洋装の人々に交じっても
違和感なく溶け込めそうな雰囲気のコーディネートができました。

帯留め遊びは、楽しいですね




にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 6 | Trackback 0

友の装い

着物コーディネート 2009/10/25

茶室の風景

今日は友人と、葛飾柴又・帝釈天の茶会に出かけました。

そこで今日は、友の装いをご紹介したいと思います。

茶秋色小紋とサーモンピンク帯

まず着物は、落ち着いたベージュ地に
紅葉を連想させる抽象模様の小紋です。

帯は、甘すぎない大人のピンク色、
格調高い名古屋帯です。

帯揚げは深緑色の鮫小紋柄、
帯締めはベージュと茶の二色使い、
大変おしゃれな小物使いです。

紅葉小紋と黒シダ名古屋帯

こちらは私自身の装いです。

着物は、綸子地に紅葉模様のつけ下げ小紋、
帯は格調高い羊歯模様の名古屋帯です。

帯揚げは、淡い黄緑色、
帯締めは金糸が織り込まれた
着物と同系色のものを合わせました。

雪輪鮫小紋と紫名古屋

そしてもう一人、友の装いです。

着物は、雪輪に鮫小紋柄の江戸小紋、
帯は、華やかな着物をほどいて作ったという名古屋帯です。

京都のおばさまから譲られた
美しい着物を帯に仕立て直したものだそうです。

帯揚げと帯締めは、白ですっきりとまとめています。

帯のお太鼓柄も、大変素敵です↓

葵お太鼓

大きな葵の中に、
楓、松、梅、笹、橘、桐などが賑やかに描かれています。

目に鮮やかな色づかい、さすがは京都です。



今日はおかげ様で、大変楽しい一日となりました。

友人との他愛のないおしゃべりで身も心もリラックス、
茶席では心づくしのおいしいお茶を味わい、
美しい道具類を鑑賞。
帝釈天でお参りをした後は、
「寅さん」の写真を見ながら、
おでんと茶飯でお腹を満たしました。

一緒に楽しい時を過ごしてくれる友人に、感謝です。
今日は一日、お疲れさまでした。

また着物で一緒にお出かけしましょうね




にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 2 | Trackback 0

秋の花、ムラサキシキブ

和文化エッセイ 2009/10/24

小菊と紫式部

今日の写真は、小菊と紫式部です。

ムラサキシキブという名の由来が知りたくて、
「園芸大百科事典」を引いてみました。

    原産地は日本、朝鮮半島、中国。

    和名は、紫色の果実を「源氏物語」の作者、紫式部に見立てて美化したもので、
    別名をミムラサキ(実紫)という。

    日当たり地でも半日蔭地でもよく、土質を選ばず育つ。
   
    6月~7月、小さい花を多数つけ、
    10月~11月に果実が熟する。

    花言葉は「聡明」。

先日、このムラサキシキブの鉢植えを、
もう一回り大きな鉢に植えかえたのですが、
大変力強く根が張っていて
なかなか古い鉢から出すことができず、
随分と苦労をしました。

上品なイメージのある花ですが、
そのたくましさは圧倒的です。

そこで一枝手折り、
小菊と一緒に生けてみました。
気取らず、素朴な雰囲気です。

千年以上も昔から日本人に愛され、
生き続けてきた源氏物語の作者、紫式部。

上品でありながらたくましいムラサキシキブ。

一体だれが名付けたのでしょう。
本当にぴったりのネーミングですね




ヤマガラ散歩の途中に出会ったヤマガラ


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 2 | Trackback 0

戸隠で見つけた和装小物

和文化エッセイ 2009/10/18

ブログ用戸隠神社参道

上の写真は、戸隠神社の参道、杉並木です。

真っすぐに空に向かって伸びる大きな杉の木は、
本当に迫力がありました。

戸隠は、この参道を歩くためだけでも、
十分に訪れる価値があるのではないかと思いました。

さて、今日はこの参道の入口近くにある
「竹細工センター」で見つけた和装小物をご紹介します。↓

竹バレッタ1

竹細工のバレッタです。

一つ一つ手作りらしく、
お店には4つ置いてありましたが、
すべて違う編み方、違う模様でした。

私はその中から、
茶のラインが入った秋らしいデザインのものを選びました。

そして早速、使ってみました。↓

ブログ用バレッタ使用例

普段着の紬になじむデザインですね。

このバレッタ、黒い竹の棒を横に通して頭に固定する形なのですが、
棒を引き抜いて二分紐や三分紐を通せば、
帯留めとしても使えそうです。↓

竹バレッタ2

実際に着物とコーディネートをして
帯留めとして使うことができましたら、
またブログでご紹介したいと思います。
お楽しみに



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 2 | Trackback 0

紅葉狩り

和文化エッセイ 2009/10/16

ブログ用もみじ2

先日、長野県の戸隠へ紅葉狩りに行きました。

戸隠の中社から小鳥ケ池、鏡池、戸隠神社をめぐる
ハイキングコースです。

               戸隠の情報はこちらへどうぞ。
                     戸隠観光協会

午前10時30分にスタートをして、
日が暮れる午後5時まで、
途中、名物の戸隠蕎麦やお焼きで元気を補充しながら、
たっぷりと紅葉を堪能してきました。

私が戸隠の中で一番気に入ったのは、
「小鳥ケ池」です。

あまり観光客には知られていないのか、
周囲には誰も見当たらず貸し切り状態、
風の音しか聞こえない不思議な時を過ごしました。

掲載の写真は、
「小鳥ケ池」に向かう途中、休み休み撮影をしたものです。

まずは冒頭の写真、真っ赤な紅葉があるかと思えば、
まるで冬のような、ちょっとさみしい風景もありました。↓

ブログ用林

今まさに色づき始めた紅葉も見つけました。

一枚のもみじの葉の中に、
青、黄、赤が混在しています。
何という美しさでしょう!↓

ブログ用もみじ1

かわいらしい赤い実は、
小鳥のご馳走でしょうか。↓

ブログ用赤い実

しばらく進むと、
白樺の木を背景に、
「小鳥ケ池」の案内を見つけました。

ブログ用コトリガイケ

そしてたどり着いた「小鳥ケ池」は、
ひっそりと静かな、
しかし明るい雰囲気の素晴らしい場所でした。

水面には、鏡のように向こう岸の木々が映り込んでいます。↓

ブログ用小鳥ケ池2

戸隠では、車で見に行くことができる「鏡池」の方が有名なようですが、
時間に余裕がある方は、
ちょっと歩くのですが、
「小鳥ケ池」と見比べるのも、楽しいと思います。

明日は、戸隠で見つけた和装小物をご紹介したいと思います。
お楽しみに



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking


Comment 4 | Trackback 0

ブログ再開のお知らせ

手作り帯留め 2009/10/10

富士さんブログ帯留め



すっかりご無沙汰をしてしまいましたが、

本日2009年10月10日から、

気分も新たにブログを再開いたします。


お休みの間に、新ブログの構想などいろいろと考えたのですが、

今までどおり、着物周りのこと、着物生活の楽しみ方を

少しずつご紹介してゆくことにしました。


しかし、これからは「物づくり」や「着物交流会」といったことにも時間を割きたいので、

毎日更新ではなくペースを落として、週末更新とさせていただきます。


今日の写真は再出発を記念して縁起を担ぎ、

「富士山」のエコ帯留めです。

                ※「エコ帯留め」は、不要となったアクセサリーや
                  貝などの自然素材を利用した手作りの帯留めです。

山の形をした黒フジツボの破片に修正液で雪を描き、

その下に透明のマネキュアでグラデーションをつけてみました。


今後の文化活動につきましては、

山登りをするように一歩一歩、

マイペースで頂上目指して頑張ろうと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へランキングに参加をしております。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
Comment 5 | Trackback 0
| HOME |
09 | 2009/10 | 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

OTHERS

TAG